書評 読書

自分も朝活したくなったかも…… 「1時間の違いですべてが捗る 朝活のススメ 」

投稿日:2017年10月20日 更新日:

ビルの朝焼けどうも! むたっくす(@mutaxlog)です!

最近自分の睡眠スタイルを見直して、朝方の生活に切り替えようとしていたんです。そんな自分にぴったりな「朝活」について紹介している「1時間の違いですべてが捗る 朝活のススメ」を読んでみました。

アウトプットの場としての朝活

「朝活」と一口に言っても、みんなでパンケーキを食べる回だったり、好きな文房具について語る会だったり、するみたいなんです。

中には読んだ書籍についてプレゼンする読書会のような朝活もあるんですね。

読んだ書籍の情報やアイデアをソーシャルメディアでアウトプットすることが、とてつもない価値を生み出すのです。アウトプットなしのインプットでは折角インプットした情報の価値を最大化できません。ソーシャルメディア時代はインプットした情報や収穫を積極的にアウトプットすることで、人に自分を見つけてもらえるようになります。アウトプットが出会いを促進してくれるのです。

自分がブログで書評記事を書こうと思った理由の一つに、アウトプットすることでインプットを定着化する目的があったんですよ。

本を読むのは好きなので学生時代などは読みまくってたんですが、冊数を増やすことに躍起になって読んでも内容が頭に残ってない、みたいなことがあったんです。

けれどインプットの定着化だけでなく、アウトプットが新たな出会いを促進してくれるとは知りませんでした。

確かにソーシャルメディアなどでアウトプットしていれば、似たようなインプット/アウトプットをしているいわゆる同好の士に見つけてもらいやうそうですね。

 

ひとりでできることをあえてみんなでやる

どうして一人で勉強できないの?と言われることがあります。もちろん一人でもいいんです。でも、一緒にその時間を過ごすとわかります。不思議なもので、いつも以上に集中して、充実した時間を過ごすことができるんです。

一人じゃないから捗るっていうのは、実感を持って頷けます。それぞれが違うことをやっているとしても、他のみんなが集中している中自分だけが遊べないですしね。

それもお互いが監視しあっているわけじゃないので、じとっとした強制力じゃなく「自分も頑張ろう!」という自発的な強制力からの集中でしょうから、気持ち的にも楽しく集中できると思います。

 

まとめ

朝起きるようになってわかったんですが、早起きって結構気持ちが良いんです。

空気は澄んでるし、ちょっとだけいいこととしてる気分になれますし。

そのせいかこの本で紹介されている朝活をやっている人はみんな楽しそうでした。

生活習慣を朝方にしたい、朝方にした、って人は、朝方にしたうえでやる行動の一つとしてオススメです。

-書評, 読書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最強の読み方 「もったいない」で一字一句読むことのもったいなさ

どうもむたっくす(@mutaxlog)です! 池上彰さん、佐藤優さんの対談本「僕らが毎日やっている最強の読み方」を読みました。 ビジネスパーソン向けに、どのように知識や情報と接していけばいいかについて …

ネコがたそがれている

冬に読む? 夏に読む? 素晴らしき「夏への扉」

今日はSFを読み始める人に是非オススメしたい一冊を紹介します。

nagoya-dome

マンガ評 『八十亀ちゃんかんさつにっき』 なぜナゴヤドームを「メードー」と言わないのか?

こんにちは。名古屋(の近く)に住んでるむたっくす(@mutaxlog)です。 名古屋の人に限らず、誰もが地元ネタは大好きだと思いますが、本屋に行くと名古屋をネタにした書籍に結構出会います。 特に名古屋 …

読書中。。。

おすすめ読書スポット 読書が捗らない時はここに行け!

どうも、読書エンジョイ派のむたっくす(@mutaxlog)です。 普段から本を読む人でも不思議と読書が捗らない時ってありますよね。 そんな時は、気分転換に読む場所を変えてみてはどうでしょうか? 今日は …

ネコがたそがれている

自分の時間は自分のもの 「本音で生きる」堀江貴文 より

どうも! むたっくす(@mutaxlog)です! このブログをはじめてからブログ用のツイッターアカウントを解説して、ブロガーさんとかをフォローしていたんですが、そしたら堀江貴文さんの本を読んでいる人が …

プロフィール

プロフィール

むたっくすと言います!
最近ブログを初めて、毎日更新を目標にやっています。趣味:読書、脱出ゲーム

問い合わせ先:max.mix.mutax☆gmail.com

☆を@に変えて下さい。

カテゴリー