働きたくない という気持ちは持ってもいいという話

コラム

突然ですが、みなさんは楽しく働けていますか?

おそらく実際にあって聞いてみると、半分くらいの人は「はい」と答えると思います。

でもここは自由なインターネット。

本音を出してみたら、結構「働きたくない」って人はいるんじゃないでしょうか?

安心してください。それちっともおかしくないですよ。

そもそも働きたくないはおかしくない

「働きたくない!」って誰かが言うと、周りの人はこぞって説教をしてくると思います。

たとえば「働かずにどうやって生きていくのだ」

「親のすねをかじっていいのは子供まで」

「みんなだって働きたくないけど頑張っているんだ(だからお前が働かないのは許されない)」

なんて調子で、働きたくないという少数派は、常に迫害されているのです。

時代は様々な多様性を認める潮流にのっています。

働きたくないという多様性だっておかしくないんじゃないでしょうか?

働かずに生きていけるなら問題ない

どうして仕事をしているのか?

この単純な問いかけの答えは、「生活をするため」という物が大きいと思います。

内閣府の調査(平成26年度)によりますと、「お金を得るために働く」という答えが全体で51%と高い数値が出ています。

この考えは特に若い世代に顕著で、50代以下と以上とで別れている感じですね。

この調査結果から、今後第一目的はより「お金」という現実的な側面を帯びてくると思います。

いまですら半数の人がそうですが、将来的には殆どの人が「お金があれば働かなくていい」という考えを持つようになるのです。

働きたくない = すねをかじりたい は見当違い

そもそもこのような考えが出てくるの根底には働いてお金を稼がないと生きていけないからです。

仕事していない以上生活費を稼げないのだから、当然親に出してもらっているのだろうと……。

でも前項で言ったとおり、お金があれば働かなくてもいいのですから、この考えは間違っていますよね。

え? じゃあそのお金をどうやって稼ぐのかって?

働かないためにはどうしたら良い?

答えは簡単で、働かずにお金を稼げばいいのです。

例えば、株式投資やFXなどでお金稼いだり、ブログやYoutubeのようなウェブメディアを発行して広告収入で稼いでもいいです。

とにかく「働く≒勤める」ことなくお金を稼げれば、何の問題もありません。

また、株式やブログは資産とすることができ、そのうち何もしなくても勝手にお金を生み出してくれます。

最初は少し大変ですが(特に株は元手を手に入れるため少しは働かないといけないです)、最後には働かずにお金を稼ぎ、生きていくことができるようになります。

 

みんな嫌でも働いているんだから…… 知ったこっちゃない!

よくつらい、苦しいという話をしますと、みんなだって同じ気持ちだよという人がいます。

これ、僕はとても意味がない慰めだと思っているんです。

だってたとえみんなが苦しくたって、「苦しい」とこぼしているその人が苦しいことには変わらないんです。

周りが苦しかろうが、楽しんでいようが、その人の苦しい気持ちは全く揺らがずにそこにあります。

それなのに、せっかく勇気を出して「苦しい」とこぼしたその人の気持ちを無視するのって、ちょっどひどいんじゃないですか?

そもそも、「みんな苦しんでいるんだ! よっしゃ苦しくなくなってきた!」みたいな、人が苦しんでて元気になる人は僕は苦手です。

 

まとめ

・働くのはだいたいみんなお金のため

・お金があれば働かなくていい

・「みんなが苦しいから我慢する」は的外れ

 

働きたくない、って苦しんでる人がちょっとでも楽になれたらと願ってます。