羽根つき小籠包が絶品! 名古屋PARCOの鼎’s(Din’s)に行ってきました!

Dins お店紹介
スポンサーリンク

どうも! むたっくす(@mutaxlog)です!

先日名古屋PACROmidiの鼎’s(Din’s)さんで、羽根つき小籠包をいただいてきました。

前々から気になって言ってみたかったお店だったんですよー!

まさに絶品と言っていい味だったので紹介します!

羽根つき小籠包って?

Din’sさんのホームページを覗くと、羽根つき小籠包の説明が書いてあります。

台湾で一二を争う小籠包の超有名店『京鼎樓』のトップ点心師・総料理長である『陳 章雄』が焼き餃子の大好きな日本人を想い、特別な「羽根つき焼小籠包」を開発しました。
そこに合わせるのは「酢味噌」と「香港ラー油」。 アジア各国を回った際に感銘を受けた神戸での餃子を「酢味噌」で食べる文化と、陳が最も美味しいと敬愛する唐辛子の香りまで楽しめる「香港ラー油」を掛け合わせ、究極のお召し上がり方を完成させました。

そうなんです! こちらの羽根つき小籠包は、普通の小籠包と違って酢味噌とラー油でいただくようになっているんです!

なんだかどんな味がするか気になりますよね……?

いざ……実食!

こちらが、その羽根つき小籠包です。不思議な見た目しているでしょ?(笑)

羽根は皆さんの想像通りパリパリで、渡されるピザカッターを使って四等分します。

そこに酢味噌とラー油を掛けていただくんですが……これが旨い!

なにより酢味噌の酸っぱさと、小籠包のスープがいい感じにマッチしていますb

小籠包のスープって、やっぱり肉汁があるので脂っぽいんですが、酢味噌と合わせることで全然油っこくありません。

また味噌の濃厚さも相まって、普通の小籠包のタレとはまた違った雰囲気の味になっています。

さらにそこに羽根のパリパリ感が加わって楽しい食感となっています!

PARCOで食事しようと思ったときはまた行こうかな?と思えるいいお店でした。

関連ランキング:居酒屋 | 矢場町駅上前津駅栄駅(名古屋)