CentOS6でpython3系のvirtualenvを使う

python プログラミング

最近pythonを勉強しています。

大体のサイトで紹介されているツールにvirtualenvというものがあるのですが、いまいちわかっていませんでした。

「そもそもvirtualenvって何よ?」というところから使い方まで、備忘録としてまとめておきます。

virtualenvとは?

python の孤立した開発環境を作成するツールです。

プロジェクトごとに異なるバージョンのpythonやツール、ライブラリなどを使いたい場合などに利用します。

例えばあるプロジェクトではAというソフトのver 1.0を使用したいけれど、別のプロジェクトではver 2.0 を使用したいといったシチュエーションで有用です。

virtualenvで作成した仮想環境は独自のインストールディレクトリを持ち、他の仮想環境とはライブラリを共有しません。

参考:https://virtualenv.pypa.io/en/latest/

virtualenvの使い方

virtualenvのインストール

pipをつかってインストールします。

pip install virtualenv

仮想環境の作成

プロジェクト用のフォルダを作成し、仮想環境を作っていきます。

$ mkdir (プロジェクト名)
$ cd(プロジェクト名)
$ virtualenv (仮想環境名)

これで仮想環境の作成を行うことができました。

virtualenvコマンドを使用するとプロジェクトフォルダの直下に、仮想環境用のディレクトリが作成されます。

(プロジェクト名)
    ├ (仮想環境1)
    ├ (仮想環境2)
    :    :
    └ (仮想環境3)

仮想環境の有効化

仮想環境を有効化するには、sourceコマンドで(仮想環境1)/bin/activate を実行してあげます。

$ source (仮想環境1)/bin/activate 
(仮想環境1) $ 

#仮想環境への切り替えが成功すると、
#上記のように仮想環境名がコンソール上に表示されます。

仮想環境の終了

作業を中断するときなどは仮想環境を終了させましょう。

これはdeactivateコマンドで行うことができます。

(仮想環境1) $ deactivate
$

#コンソールの表示が変わり、仮想環境が終了したことが確認できます。

使わない環境を削除する

開発が終了したなどで利用しなくなった仮想環境を削除することもできます。

方法は簡単で、virtualenv コマンド実行時に作成されたフォルダを削除するだけです。

$ rm -rf (仮想環境1)

まとめ

これで大体の使い方はわかったと思います。

開発の初期段階に開発環境を整えていると、バージョン管理が疎かになって汚れた環境を作ってしまい一からやり直すハメになることもあると思います。

ツールやライブラリの導入を仮想環境上で行うと、このような問題を回避できるのでぜひ利用してみてください。